MENU

Hapyson

BLOG

釣果

鯖大漁祭り!本命のシマアジ/マダイは出なくても究極の血抜きでおいしく変身!

2023年1月5日

戸松 慶輔

戸松 慶輔
とまつけいすけ
スタッフ

ハピソンスタッフ/ 岐阜県に生まれ父親の影響で渓流釣りにハマる。そこからエリアトラウト、鮎へと広がり、現在はショア、オフショア問わず広く海釣りも楽しむマルチアングラー。マルチすぎるがあまり広く浅くなっているのはここだけの秘密。好きな釣りは鮎、渓流、ヘラブナ。 YouTubeチャンネル「釣り女子部」主宰。

twitter Instagram Youtube

こんにちは、Hapysonスタッフの戸松です!

2022年12月27日、僕が運営している釣りYouTubeチャンネル「釣り女子部」で、静岡県伊東市から出船する「村正丸」さんに乗船してきました!

村正丸さんのホームページはこちら

この日のターゲットはシマアジ、マダイをメインターゲットに五目釣り。今回はエサ釣りですね。

今回この釣りにチャレンジしてくれるのは俳優の圓石さやかちゃん!

久しぶりの船ではしゃぎまくってます(笑)さてさて、今日はどうなるんですかね。

シマアジ・マダイ五目の釣り方とタックルを紹介

実はこの釣り物、釣り女子部では初登場。そこで道具も仕掛けも全てフルレンタルで挑んでみました。

タックル情報はこちら

竿:オモリ80号が扱える船竿
リール:カウンター付き手巻きリール
糸:PE2号
天びん:腕長70cmの天秤にビシ80号
ハリス:クッションゴム付き フロロカーボン3号(6m)
針:マダイ針(10号前後)

エサは冷凍のオキアミがついてきます。オキアミを溶かしてビシに詰めてコマセに。また身持ちの良さそうなオキアミは針に刺しエサにします。

釣り方もそんなに難しいものではなく、船長の指示ダナまで仕掛けを落としたら、ビシを振ってコマセを海中に漂わせます。コマセを巻いた付近に針が来るように仕掛けを少し巻き上げて調整すれば準備完了。あとは魚がヒットするのを待つだけ!

ちなみにえんちゃん、これまで果敢にジギングに挑み続けるもことごとく連敗・・・今回こそ・・・!

さっそくスタート!いきなり竿先に反応がっ!

ポイントへ到着すると周りの同船者の竿がバンバン曲がってます。釣れているのを見るとどうやらサバのよう。船長からは「サバの群れがいる」と情報をキャッチしていましたが、まさにその通りの展開に。

ここでえんちゃんの竿にビミョ~なアタリが。

「これ釣れて・・・ます?」とかなり半信半疑ながら巻いてくると

1匹目!

やっぱりサバでした。

怒涛のサバラッシュが続く!

ここからは船全体で怒涛のサバラッシュ!

実はこの日、本命は現れてくれませんでしたが、ポイント移動してもサバが釣れている状況でした。ちなみに今日のえんちゃんはサバのみ、10匹くらいの釣果でした。最後の1匹は36cm!よく引きました!

※船全体ではマダイが4枚。

釣り人って贅沢なもので、サバとか釣れても

「サバかよ~」

なんてがっかりするものなんですが、サバでもしっかり血抜きと冷やし込みを行えば、絶品お料理に大変身できちゃう食材なのですよ。

津本式計測マルチハサミで究極の血抜きのファーストステップ

血抜きに登場するのがこちら! 全釣り人に持ってて欲しい!

津本式計測マルチハサミ!

これはただのハサミじゃないんですよね。意外とただのフィッシュシザーとして認識してる人が多いかもしれませんが・・・

「脳締め」「エラ膜切り」「尻尾切り」が簡単3ステップで行えます。

今日津本式の血抜きポンプは持ち込みませんでしたが、

まずは脳締め。ハサミの持ち手の部分に締め具が収納されていますので、これで動きを止めます。上手く脳に入れば魚の動きが止まりますよ。

ちょっと見難いんですが、次にエラ膜切り。エラと身の間から刃を入れて、骨の下にある血合い部分を傷つけます。

続いて尻尾切り。分解して尻尾に走る血管穴を露出させても良いのですが、ここはスピード感を重視して尻尾をチョッキン。

あとは水に入れて身を振り振り。血が出なくなるまでしっかり行います。

ここまでできていれば現場での血抜きはまずはOK。
※究極の血抜きをするならさらに津本式血抜きポンプでの血抜きがおすすめです。

あとはクーラーボックスに入れてしっかり身を冷やし込みます。市場に出回っているサバはたくさん漁獲される魚なので、1匹1匹こうして処理するわけにはいきません。でも釣り人だったらこれだけの手間をかけてあげられるんですよね。

本命シマアジとマダイは現れず!でもサバが絶品竜田揚げに!

サバを2ケタ以上釣ったと思われるえんちゃん。しかし本命のシマアジやマダイは現れてくれませんでした。

でもしっかり血抜きをしたサバは臭みもなく見事な身。そこにえんちゃん行きつけの居酒屋の大将の腕にかかれば・・・

さすがプロ・・・

匠の技ですね

厚みがあり食べ応えがありつつも、旨味がぎゅっと詰まった身。さらに下味にタレとショウガで風味付けをすれば絶品の竜田揚げの完成~♪(Hapysonスタッフ戸松には配当はございませんでした(笑))

これでビールがすすんじゃったそうです。いいなぁ~~!

いやいや、最高ですね。きちんと血抜きをすれば外道と言われるサバだってめちゃめちゃおいしい食材になっちゃうんですよね。

もちろんどんな魚でも使えますので、おいしい魚を食べるためにもぜひぜひ津本式の計測マルチハサミ超オススメです!

計測マルチハサミ

計測マルチハサミ

切る。締める。ウロコ取り。内臓かき出し。計測できる。 津本式コラボで、釣り用多機能ハサミ発売! ルアーニュース関連記事はコチラ!↓↓↓

FOLLOW US

Hapyson

山田電器工業株式会社
大阪事業部
〒571-0045 大阪府門真市殿島町1-3
TEL : 06-6780-2946

山田電器工業株式会社

山田電器工業株式会社
〒270-2214 千葉県松戸市松飛台254番地

Hapyson Shop
Hapyson Shop