MENU

Hapyson

BLOG

釣果

入鹿池ワカサギ釣行!ハピソン電動リールがさく裂!?

2023年1月16日

戸松 慶輔

戸松 慶輔
とまつけいすけ
スタッフ

ハピソンスタッフ/ 岐阜県に生まれ父親の影響で渓流釣りにハマる。そこからエリアトラウト、鮎へと広がり、現在はショア、オフショア問わず広く海釣りも楽しむマルチアングラー。マルチすぎるがあまり広く浅くなっているのはここだけの秘密。好きな釣りは鮎、渓流、ヘラブナ。 YouTubeチャンネル「釣り女子部」主宰。

twitter Instagram Youtube

こんにちは、Hapysonスタッフの戸松です!

2023年1月8日、今シーズン初のワカサギ釣りへ出かけてきました。行先は愛知県犬山市の入鹿池!

愛知県のワカサギスポットといえばここ!というくらいメジャーなスポットで、連日多くの釣り人でにぎわう場所ですよね。ワカサギガチ勢からファミリー、デートコースまで多くの人に愛されてるスポットです。

さー、今日は釣るぞー!

入鹿池の百軒亭でボートを借りて出陣!

ボートをお借りしたのは入鹿池の百軒亭様。(百軒亭様のホームページはこちら)

こちらはなんと、入鹿池で初のドーム船を導入されたということで、冬の風にも、雨や雪にも負けずにワカサギ釣りが楽しめるワケです!

あ、今回スタッフ戸松が予約したときにはすでに埋まっておりましたので、通常のボートで狙いますよ。1月の風に吹かれながら楽しんできたいと思います(笑)

通常のボートは¥2,800/日。あとアカムシを購入して行くぜー!

目指すポイントは入鹿池のワカサギ実績ポイント「灯台前」

僕が目指すポイントは入鹿池のワカサギ釣りと言えば!というくらいの実績ポイントである灯台前。

出船が7時過ぎだったのでちょっと混雑気味でしたが、空いているポイントに入ってアンカーを下ろします。いやー、早朝の池の上。

このピーンと張った空気感って言うんでしょうか、この感じが大好きなんですよね。

入鹿池のワカサギタックルはこれだ!

入鹿池のワカサギ釣りは電動リールで狙っていきます。ハピソンではワカサギの電動リールも出していますからね。

Hapysonスタッフの戸松のタックル
竿:ダイワ クリスティアワカサギ
リール:ハピソン ワカサギ電動リール
仕掛け:オーナー 段々ショート ワカサギ狐(1号)
オモリ:ナス型オモリ(5g)
エサ:アカムシ

ハピソン電動リールの自動ストップの仕組みはこちらの記事をどうぞ!

準備を済ませて、いざ釣りスタートっ!ここのところ好調のようなので釣れるといいなぁ♪

願いは届かず!?最初は静かなスタートとなった入鹿池のワカサギ釣り

灯台前にはボートがびっしり!やはり鉄板ポイントなのでみんなが集まっています。そこでスタートしますが、なかなか1匹目が来ない……

開始20分ほどでようやく自分に1匹目。

ほっとした!

でもここからは連発とはいかずポツリポツリと、忘れたころに釣れる程度のペースです。

今日の入鹿池はワカサギのサイズがいいぞ!

連発で釣れているわけではありませんが、1匹のサイズがなかなかデカめ!

8~9センチくらいのサイズが揃ってくれています。電動リールが巻けなくなるやつがけっこういましたね。今日は奥さんと2人で入鹿池へ行ったんですが、午前中で20匹くらいかなー?なかなか厳しい日です!

なぜか日によって変わるみたいなんですが、この日は小さなサイズはあんまりいなくて粒ぞろい!なかなかいい引きを見せてくれました。

午後からちょっとだけ時合到来!

午後からはプチ時合が到来します!

仕掛けを落とせばすぐにヒットする状況となり、「今だ!」と言わんばかりに全集中(笑)

次から次へとワカサギをヒットさせていきます。

ハピソン ワカサギ電動リール YH-201B-K

この一瞬の時合では落とした直後と、そこでこなかった場合にはリールを上にあげて、叩きながら下げていく誘いが有効でした!

わずか30分ほどの時合でしたが一気にワカサギを追加します。いやー、それでもなかなか数は伸ばせませんでしたが。

釣ったワカサギはこんな感じで、エアーポンプでぶくぶくさせながら生かしておきます。

最終的な釣果は朝7時から午後4時までがんばって、2人で71匹。釣れてた人は300匹を超えてたそうで、実力の差を大きく見せつけられる結果に……

ハピソンのワカサギ電動リールで入鹿池を攻略!・・・?

実は電動リールを使ったワカサギ釣りが初めてだったハピソンスタッフの戸松。(なんならワカサギ釣りそのものが3回目というビギナーです(笑))

後半なんとなく釣り方のコツを掴んできて、そこそこに釣れたかなー?と感じる場面もありました。

入鹿池を攻略できた!とは口が裂けても言える成績じゃありませんが、手巻きのリールと電動リールを比較すると、本当に楽!

これは手巻きリールには戻れないかも・・・

電動リールを使ったことがない方、ぜひ電動リール使ってみてください!めっちゃ楽ちんですよ♪

ワカサギ電動リール

ワカサギ電動リール

使いやすさを重視した機能的でシンプルな構造。 細身で握りやすいスティック形状で、重さはわずか105g(電池含み)の計量仕上げ。ラインとロッドが一直線になるように設計されたオフセットロッドマウント機構採用により軽い仕掛けでもスムーズに落とし込むことが出来ます。淡水で5分に1回、40gのオモリを10m巻き上げた場合、15時間以上使用することが出来ます。 2段階巻き上げスピードコントロール付き。 握りやすい細身のスティック形状。 リールの落下を防ぐ、尻手ロープ付き。

FOLLOW US

Hapyson

山田電器工業株式会社
大阪事業部
〒571-0045 大阪府門真市殿島町1-3
TEL : 06-6780-2946

山田電器工業株式会社

山田電器工業株式会社
〒270-2214 千葉県松戸市松飛台254番地

Hapyson Shop
Hapyson Shop